SPACE DiVA / ピックアップ! プログラム 

トップ > PickUP!

毎月のピックアップ番組を紹介

WORLD LIVE SELECTION
チャンネル名: 121ch |  THE CLASSIC【Premium】
放送時間帯:毎月第3(日)12:00〜14:00 再放送=翌週(土)5:00〜7:00 
THE CLASSIC【Premium】 <ウィーン・ピアノ界の長 ブッフビンダー登場!>
日本でもおなじみのルドルフ・ブッフビンダーによるリサイタル。2020年3月3日ウィーン楽友協会でのライブ録音、ブッフビンダーはこの日、近年もっとも力を入れているディアベリの主題による変奏曲をとりあげました。

ベートーヴェンで有名なディアベリ変奏曲ですが実はアントン・デアベッリは当時の多くの作曲家に自分が作った舞曲の編曲を委嘱しました。200年の時を超えブッフビンダーはディアベッリがそうしたように現代の作曲家に主題の編曲を依頼、それが「ディアベッリの主題による新変奏曲」です。呼びかけに応じたのはアウエルバッハ、ブレット・ディーン、マックス・リヒター、イェルク・ヴィトマン、細川俊夫ら11名の世界的な作曲家たち。ロック調、メディテーション、ブギウギまで実に多彩な21世紀のディアベリ変奏曲となりました。そしてプログラム後半では本家ベートーヴェンのディアベッリ変奏曲。「ディアベリ」に新しい光をあてるベートーヴェン・イヤーにふさわしいプログラムをたっぷりとお楽しみください。(奥田佳道)[6月20日放送 再放送=26日]
【新番組】これがMQAデブラー放送だ!
チャンネル名: 124ch |  THE AUDIO【Premium】
放送時間帯:6月1日スタート(月〜金)12:00〜18:00
THE AUDIO【Premium】 【6月1日】世界初!MQAデブラー放送がスタート!
ミュージックバードでは、英国MQA社が開発したDeblur Filtering技術を放送に導入、 2021年6月1日、世界初の「MQAデブラー放送」を開始します。Deblur Filtering はデジタル音声信号に特有の「時間軸歪み」を取り除く新たな符号化技術。音のにじみが解消され、より生の演奏に肉迫する音質になります。なお「MQAデブラー放送」では、MQAのもう一つの特徴である「折り紙」の圧縮技術を使用しないため、従来のチューナーでそのまま新・高音質をお楽しみいただけます。
※ Deblur(デブラー<英語>):De+ blur ピンボケをなくす (blur は [ ぼやける ] の意)

【比較試聴番組】「これがMQAデブラー放送だ!」6月1日より放送!
 ・クラシック編(月〜金12:00〜14:00) ※117ch:KLASSEと同内容
 ・ボーカル編 (月〜金14:00〜15:00) ※107ch:Best Voicesと同内容
 ・ジャズ編 (月〜金15:00〜18:00)   ※122ch:THE JAZZと同内容
各チャンネルと同内容を、Deblur Filtering技術を用いて放送します。
チャンネルを変えながら、新・高音質放送と従来放送との違いをお楽しみください。

LiSA特集
チャンネル名: 204ch |  邦楽スペシャル
放送時間帯:終日シャッフル放送
今月の邦楽スペシャルは、4月にソロデビュー10周年を迎えたLiSAを大特集! 2019年4月に配信開始した楽曲「紅蓮華」が国民的大ヒット、2020年10月にはアルバム「LEO-NiNE」とシングル「炎」を同時リリースし、 オリコンデイリーアルバム、シングルランキング(10/13付)にて、“W1位”を獲得。 今年5月にはソロデビュー10周年ミニアルバム『LADYBUG』をリリース。 アニソンシーンにとどまらず、数多くのロックフェスでも活躍するLiSAの楽曲をたっぷりとお届けします!
ウィーザー特集
チャンネル名: 210ch |  洋楽スペシャル
放送時間帯:終日シャッフル放送
今月の洋楽スペシャルは、1994年のデビューから現在に至るまで米国では1000万枚以上、全世界では3500万枚以上に達するアルバム売上枚数を誇るマルチ・プラチナ認定の泣く子も歌うロック・バンド、ウィーザーを特集!先月リリースされ大きな話題を呼んだ最新作からデビュー作まで、ヒット曲や代表曲を厳選して大量オン・エアー致します。この機会に是非、爽快でパワフルなロックサウンドをお楽しみください。

月間ピックアッププログラム

衛星デジタル音楽放送SPACE DiVA-サービスガイド-

SPACE DiVAは衛星デジタル音楽放送です

このサイトは衛星デジタル音楽放送SPACE DiVA-スペースディーバ-のオフィシャルサイトです。 このサイトに記載されている番組内容は変更される事が御座います。ご了承下さい。